入れ歯治療

  • HOME
  • 入れ歯治療

保険の入れ歯

保険の範囲内でつくる入れ歯は、「ものを噛む」という「最低限の機能美」を目的としています。安価につくることができますが、満足のいく見た目や噛み心地まではカバーできないケースが多いです。

メリット

・費用を安く抑えることができる
・短期間で治療が可能(1ヶ月程)
・壊れても修理が割り合い簡単
・口腔内の形状に関わらず、ほとんどの症例に対応が可能

デメリット

・使用する素材が制限される
・壊れやすい
・食事の際に味や温度を感じにくいことがある

自費の入れ歯

保険適用外の素材と技術を用いてつくる入れ歯になります。
単純に「ものを噛む」ことを目指すのではなく、「しっかり噛む」という質の高さを求めて、製作いたします。装着した際のフィット感、快適さ、審美性、耐久性などを目指すことが可能なオーダーメイドの入れ歯です。
保険適用外のため、費用は割り合い高価になりますが、長期間装着するパートナーとして考えていただくと選択する価値は十二分にあると思われます。

メリット

・患者さまに合わせたカスタマイズが可能
・しっかり噛むことができる、噛み心地が良い
・身体に影響のない素材を使える
・耐久性に優れ、長時間の使用が可能
・見た目が美しく、審美性が高い

デメリット

・費用が割り合い高価
・治療期間が3〜6ヶ月かかる場合もある

入れ歯の種類

レジン床(保険適用)

保険診療で作製できる、レジン(プラスチック)でできた入れ歯になります。レジンの入れ歯は上顎部分が分厚くなってしまうため、食べ物の熱さや冷たさが伝わりにくい特徴があります。ただし、保険診療内のため、自費診療のものに比べると安価に作製することが可能です。

レジン床

金属床義歯(保険適用外)

保険適用のプラスチック製入れ歯と比べ違和感が少なく、しっかり噛めて喋りやすい入れ歯になります。食べ物の味や温度も感じることが可能です。

金属床義歯

ノンクラスプデンチャー(保険適用外)

金属のバネを使用しないため、美しい見た目に仕上がります。ピッタリと密着するため外れにくく装着感が良いのが特徴です。

ノンクラスプデンチャー

治療費

ノンクラスプデンチャー 275,000円~297,000円
金属床義歯 330,000円
シリコンデンチャー 330,000円

※上記はすべて税込表示です。