ホワイトニング治療

  • HOME
  • ホワイトニング治療

こんなお悩みありませんか

ホワイトニングとは

歯のホワイトニングには、施術箇所や施術者の異なる3つの種類があります。


医療ホワイトニング
(オフィスホワイトニング/
ホームホワイトニング)
セルフホワイトニング
(市販の歯みがき粉/LED/マニキュア等)
サロンホワイトニング
特徴 ・歯科医師や歯科衛生士のみが取り扱いができ、歯の内側の黄ばみを除去できる「過酸化水素」が含まれた薬剤を使用
・薬剤を塗布した後、LEDやレーザーを照射して高い漂白作用をもたらす
・歯の表面の黄ばみを除去 ・歯の表面の黄ばみを除去
施術場所 歯科医院 ご自宅 ホワイトニング専用サロン
施術者 歯科医師や歯科衛生士 ご自身 ご自身(※1)
効果の高さ
費用 やや高額 安価 やや高額

(※1)サロンホワイトニングのスタッフは医療従事者ではないため、他人の口の中に施術することはできません。そのためサロンスタッフの指示の元、ご自身の手で薬剤を塗布します。

歯の黄ばみとなる原因

歯の黄ばみは、次のような原因から起きると考えられます。

生活習慣による着色

着色しやすい飲食物といわれるコーヒーやお茶、ワインをはじめ、嗜好品であるたばこも着色の原因となります。ホワイトニングは、こういった生活習慣の蓄積による着色、変色に効果的です。

食事に含まれる糖分により歯が溶ける

歯は、食事やおやつに含まれる糖分をエサとしたむし歯菌により、エナメル質が解かされる「脱灰」と、唾液によって溶けた歯を修復する「再石灰化」を繰り返して、むし歯から守られています。しかし、糖分の過剰摂取や食事の間隔が短い場合、唾液の修復が追い付かなくなってしまうのです。

こうして歯の表面にできた凹凸が光に反射すると、歯が黄ばんで見えることも。ただしこういった黄ばみは、ホワイトニング薬剤ではなく、歯のクリーニングで改善ができます。

加齢による黄ばみ

加齢によって歯の象牙質の色が濃くなることから、歯は年々黄ばんでいきます。ただし加齢による歯の黄ばみは、歯の内側に起こることが多く、セルフホワイトニングやサロンホワイトニングで改善することはできません。

当院で取り扱うホワイトニングの種類

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングは、歯科医師や歯科衛生士の指導の元、ご自宅で行うホワイトニング治療です。歯科医院で製作したオーダーメイドのマウスピースに、処方されたホワイトニングジェルを入れて、内側から白い歯を目指します。

ご自宅でご自身の都合が良いタイミングに施術ができるので、忙しい方におすすめです。効果の持続性が最も長いホワイトニング方法ということも、ホームホワイトニングの特徴と言えるでしょう。

ホームホワイトニング

ホームホワイトニングの注意点

■白さを実感するまで時間がかかる
オフィスホワイトニングに比べホームホワイトニングは、歯や歯ぐきに優しいマイルドな薬剤を使用するため、歯が白くなるまでに時間がかかるとされています。

■1日2時間、マウスピースの装着が必要
ホームホワイトニングは、ご自宅でホワイトニングジェルを塗布した専用マウスピースを1日2時間装着しなければなりません。もちろん、装着中の飲食はできないので、「ホームホワイトニングの時間」が必要になることでしょう。

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングは、本来の歯よりも白い歯を目指せる治療方法です。そのため、より高い美白効果を目指す場合には、「オフィスホワイトニング」をおすすめします。

その理由は、使用している薬剤と施術方法の違いから。
オフィスホワイトニングで使用する薬剤には、歯の漂白作用のある「過酸化水素」が含まれています。この成分は濃度によって劇物となるため、歯科医師や歯科衛生士のみがホワイトニング治療に使用することができます。

またLEDやレーザーを照射して、より効果的な施術を行うため、施術後はすぐに効果を実感しやすい点も嬉しい特徴の一つです。

 

オフィスホワイトニング

オフィスホワイトニングの注意点

■白さの後戻りが早い
個人差はあるものの、他の施術に比べて白くした歯が本来の色に後戻りしてしまうスピードが早いこともあります。

■施術中に歯がしみることがある
オフィスホワイトニングでは濃度の高い薬剤を使用するため、人によっては歯がしみることもあります。

デュアルホワイトニング

ホームホワイトニングとオフィスホワイトニングを組み合わせた施術を、「デュアルホワイトニング」といいます。この施術は、短期間で高い効果が期待できる上に、効果も持続しやすいというメリットがあります。

 

デュアルホワイトニング

デュアルホワイトニングの注意点

■他のホワイトニングに比べ、費用が高い
ホームホワイトニングとオフィスホワイトニング、2つの治療を同時に行うデュアルホワイトニングは、他の施術に比べて高額です。ただし、効果の即効性と持続性が高くなることを考えると、コストパフォーマンスが良い治療といえるでしょう。

治療費

 オフィスホワイトニング  19,800円/1回
ホームホワイトニング(ティオンホームホワイトニング) トレー+ジェル(2週間分):22,000円
追加ジェル(2週間分):5,500円

※ホワイトニングは保険が適用されないため、全額実費の自費診療となります。
※上記は、すべて税込価格です。