インプラント

  • HOME
  • インプラント

こんなお悩みありませんか?

インプラント治療とは

インプラント治療は、むし歯や歯周病などの原因を歯を失ってしまい、あごの骨に体に馴染みやすいチタンでつくられた歯根を埋め込み、これを土台にセラミックなどで作った人工歯を取りつける治療になります。第2の永久歯と呼ばれています。

インプラント治療とは

インプラント

インプラントのメリット

天然歯のような自然な見た目を実現できる審美性の高さです。また、ブリッジのように周囲の健康な歯を削る必要もないため、単独で歯を補うこともできます。ブリッジは周辺の歯に強い力が加わり、歯垢が溜まりやすいため、むし歯や歯周病になりやすいというデメリットがありますが、インプラントなら周囲の歯に負担をかけません。

また歯根として使用しているチタンは骨との親和性が高く、天然歯と同様に硬いものもしっかりと噛むことが可能です。

インプラントのデメリット

インプラント治療では、チタンをあごの骨に埋めてから上部の人工歯を装着するまで数か月時間を要します。そのため、治療期間が長くなる場合がございます。

また、インプラント治療は自費であるため、入れ歯やブリッジと比較すると治療費が比較的高額です。ただし、インプラント治療にかかった費用は医療費控除の対象にもなるため、ご自身にあった治療法を選択することが大事です。

インプラントをおすすめするケース

インプラント治療は優れた治療法でありますが、すべての患者さまに適しているわけではありません。下記のような方へインプラントをおすすめしています。

インプラントを制限するケース

インプラントは外科手術をともなうため、健康な身体状態でないとできないケースがあります。また、安全性の高いチタンを使用しておりますが、稀に金属アレルギーを引き起こす方もいらっしゃいます。金属アレルギーのある方は事前にアレルギー検査を受けていただくと安心して治療を受けることができます。

人工歯であるインプラントはむし歯になることはありませんが、インプラント周囲炎というインプラントの歯周病にかかる恐れがあります。インプラント周囲炎になると、最悪のケースでインプラントが脱落してしまうこともあります。そのため、インプラント埋入後はクリーニングを中心とした継続的なメンテナンス治療が必要です。

また、喫煙者の方も注意が必要です。タバコを吸っている方は吸っていない方に比べると歯周病リスクが高く、歯周病治療の効果が出にくいと言われています。天然歯同様、インプラントもインプラント周囲炎にかかりやすくなるため、治療をお考えの方は禁煙をおすすめしています。

インプラントの耐久性

インプラントは正しいお手入れとメンテナンス治療を継続すれば10年、20年と長持ちします。

インプラントの治療費

インプラント術前検査 16,500円
インプラント 363,000円
プロビジョナル(仮歯) 22,000円/1歯

※上記はすべて税込表示です。