矯正治療

目立ちにくいマウスピース型矯正(インビザラインGO)

こんなお悩みありませんか

マウスピース型矯正

マウスピース型矯正とブラケット矯正の違い

当院では、審美性の高く、デメリットが少ないマウスピース型矯正を採用しています。
とはいえ、適切な矯正方法は、お口の中の状態によって異なります。精密な検査のもと、歯科医師と相談しながら、あなたに合った矯正治療を一緒に選びましょう。

  マウスピース型矯正 ブラケット矯正
(ワイヤー矯正)
特徴 ◆透明なマウスピースを使用
◆段階的にマウスピースを交換し、歯の位置を動かす
◆歯の表面に金属製のブラケット(矯正装置)をつける
目立ちやすさ 近づくとわかる 目立つ
日常生活で
の着脱
可能 不可
費用 安価 やや安価
注意点 重度の症例には向かない ・ワイヤーやゴムの違和感を感じやすい
・歯と歯の間のむし歯や口内炎が発生しやすい

当院で取り扱うマウスピース型矯正「インビザラインGO」

インビザラインGOはインビザライン矯正の一種であり、前歯部分を対象としたマウスピース型矯正システムです。特有のデジタル技術で設計した精密で目立ちにくいマウスピース矯正を装着して治療をいたします。

インビザラインGO

インビザラインGO

メリット

■矯正治療後の仕上がりをシミュレーションできる
マウスピース型矯正「インビザラインGO」は、歯型をコンピューターに取り込むことで、矯正によって歯が動いていく様子をシミュレーションすることができます。そのため、最終的な仕上がりがイメージしやすいという大きなメリットがあります。

■短期間・低価格で矯正治療を実現
マウスピース型矯正「インビザラインGO」は、軽度な前歯のズレや隙間を、短期間・低価格で矯正できます。また通院回数も少ないため、忙しい方にもおすすめです。

■周囲に気づかれにくい
マウスピース型矯正「インビザラインGO」では、透明でとても薄いプラスチック製のマウスピース型矯正歯科装置を使用するため、近寄らないと気づけないほど目立ちにくいという特徴があります。

また中年齢層から矯正を始める方の中には、周囲に気づかれることが恥ずかしいという声も。その点目立ちにくいマウスピース型矯正「インビザラインGO」は、老若男女問わず日常生活を送りやすいと好評です。

■矯正治療と同時にホワイトニングもできる
マウスピース型矯正「インビザラインGO」のマウスピースは、内部にホワイトニングジェルを入れることで、矯正をしながらホワイトニングができます。

デメリット

■症例によって適応しないこともある
マウスピース型矯正「インビザラインGO」は、「前歯だけ治したい」「歯の隙間を埋めたい」など、軽度の症状に適した矯正技術です。またご本人が軽度と考えていても、次のような原因が考えられる場合には、マウスピース型矯正「インビザラインGO」で歯並びを矯正することが難しいケースもあります。

・全体的な歯並び
・骨格や咬み合わせ

■正しい装着が必要
マウスピース型矯正「インビザラインGO」は、自分で取り外しができるマウスピースで歯を動かしていきます。しかし、歯科医師から指示のあった装着時間や使用上の注意を守らないと、効果が十分に発揮できない可能性があります。

矯正治療の流れ

1カウンセリング

歯並びに関するお悩みや治療のご希望を伺います。気になる点があれば、お気軽にご相談ください。

2仕上がりをシミュレーション

型取りを行い、シュミレーション後のデータを作成していきます。
また、この際に患者さまにも一緒に画面を確認いただきながら、丁寧に説明をいたしますのでご安心ください。

3治療計画のご提案

シュミレーションデータ及び精密検査を用いて、あなたに合った治療計画をご提案します。

4アライナー(マウスピース)の作成と装着についてご説明

データを基に、患者さま専用のマウスピースをオーダーメイドで作製します。その後、完成したマウスピースが完成次第、再度ご来院いただきます。

5アライナー(マウスピース)の交換や経過観察

1ヶ月に1回通院していただき、歯科医師が経過を観察していきます。また、マウスピースは歯の動きに合わせて、約2週間ごとに交換します。

6治療終了

治療計画が終了した後、仕上がりや咬み合わせを確認します。この際、特に問題がなければ、治療は終了です。
ただし歯並びの状態によっては、後戻りを防ぐためにリテーナー(保定装置)を設置することもあります。

治療費

矯正検査費 16,500円
矯正治療費 363,000円
調整料 5,500円

※上記はすべて税込表示です。

※上記はすべて税込表示です。