小児矯正

  • BLOG

    2019.12.17

    予防矯正

    こんにちは、院長の助廣です。

    皆さまは予防矯正という言葉を聞いたことがありますか?従来の矯正治療は歯並びが悪くなってから行うのに対して、予防矯正では、歯並びが乱れることを事前に予測して、歯並びが悪くならないように「予防」する矯正治療です。

    乳歯の段階から、下の前歯がびっちり並んでいる場合、後から生えてくる大人の歯が入る隙間がなくなってしまいます。

    そうなると、大人の歯は隙間を探しながら生えてくるため、斜めに生えたり、曲がって生えてきたりするため、ガタガタになってしまいます。

    前歯の生えかわる6~8歳頃がベストな開始時期です。

    気になる方はご相談ください。

    小児矯正

  • BLOG

    2019.12.10

    永久歯の生え方

    こんにちは、院長の助廣です。

    生えかわりの時期になると、歯がグラグラしてくるのと同時にしたの前歯の裏側から永久歯が生えてくることがあります。

    下の前歯が裏側から生えるのは正常で、生えてきた後に舌の力により少しずつ前へ押し出されていきます。

    上の前歯は乳歯の真下にあるため乳歯が抜けた後に頭が出てきます。

    永久歯は乳歯がグラグラする前から生えてくる場所が決まっているため、幅が狭い等の問題がある場合には早めの予防矯正が必要になります。

     

     

    熊本市東区長嶺南1‐6‐5

    すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

    院長 助廣 都祈

     

  • BLOG

    2019.12.07

    鼻と歯並びの関係

    こんにちは、院長の助廣です。

    鼻と歯並び、一見関係なさそうな両者ですがとても密接な関係があります。

    鼻で呼吸をすることによって、上顎の骨が刺激されて、横方向にしっかり成長し、お口が閉じることによって下顎が筋肉にしっかり引っ張られ、適切な刺激を受け正しく成長します。

    これが、お口で呼吸をしていると、顎の骨に筋肉からの適切な力がかからずに成長不足を招きます。

    テレビを見ているとき、何かに集中しているとき、お子様のお口はどうなっていますか?

    鼻炎や鼻づまりを解消することは歯並びの予防の第一歩ですね!(^^)!

     

    熊本市東区長嶺南1‐6‐5

    すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

    院長 助廣 都祈

     

  • BLOG

    2019.12.03

    小児矯正マイオブレースについて

    こんにちは、院長の助廣です。

    今回は、先日ブログにてご紹介させていただいたマイオブレース矯正について少し詳しく説明していきます。

    マイオブレースとは、オーストラリア発祥の矯正治療です。マウスピース型の装置とアクティビティと呼ばれるトレーニングを行うことで、顎の成長発育に影響を与える習癖を改善し、顎・顔面の筋機能を健全化することで、歯並びを改善させる方法です。

    通常、矯正治療後には保定装置と呼ばれる歯並びが元に戻るのを防ぐ装置を装着し続けなければなりません。

    マイオブレースでは、歯並びに悪影響を与える習癖を改善させながら、歯並びが改善するため、歯が綺麗に並んだあとに保定装置を装着する必要がありません。

    矯正期間は約2年、通院は月に1回程度です。装置の使用は日中1~2時間と就寝時になります。

    適齢期としましては、6歳~8歳頃です。6歳からとしているのは、使用にあたり、アクティビティ(トレーニング)の趣旨をしっかり理解し、装置を使用できる年齢の目安です。

    前歯の歯並びがガタついているなど、歯並びに問題が生じている場合には早めの矯正開始が、全体の歯並びの予防につながります。

    ご不明な点がありましたら何なりとご相談ください。

     

    熊本市東区長嶺南1‐6‐5

    すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

    院長 助廣 都祈

     

  • BLOG

    2019.12.02

    小児矯正治療で使用する装置

    こんにちは、院長の助廣です。

    早速ですが、矯正治療と聞くとどのように歯を動かすと想像しますか?

    おそらく多くの方がワイヤー(針金)を用いた矯正治療をイメージすると思います。

    実は、このワイヤーを使った方法の他にマウスピースを使った方法があることをご存じでしょうか?

    どちらも歯並びの改善は図れますが、それぞれのメリット、デメリットをしっかりと理解しておくことが大変重要となります。

    ワイヤーを用いた方法では、歯に直接ワイヤーの力をかけて歯を動かします。その過程で、顎の幅が不足していれば、顎を広げるための装置を用いて歯が並ぶためのスペースを作っていきます。この方法のメリットは、歯科医院での調整が主で患者さんが家で特別な管理をする必要がないという点です。

    デメリットは、装置の違和感、虫歯リスクの上昇、歯並びが悪くなった根本原因が解決されないことです。

    マウスピース型装置を用いる方法は、主にマイオブレースと呼ばれるものを使用します。メリットは、取り外しが可能なので、矯正開始後でも食事などの日常生活に影響がない、装置による虫歯リスクがない、歯並びが悪くなった根本原因である習癖の改善ができることです。

    デメリットは、取り外しが可能なため、患者さんの使用状況に治療結果が左右されることです。

    実は、この根本原因を改善できるかどうかが非常に重要で、歯並びに悪影響を与える習癖が改善されないと矯正治療後に後戻りといって、歯並びが元に戻ろうとする力が働きます。

    それぞれのメリット、デメリットを比較して、お子様にあった小児矯正を始めることが大変重要ですね。

     

    熊本市東区長嶺南1‐6‐5

    すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

    院長 助廣 都祈

     

  • BLOG

    2019.12.02

    鼻呼吸と歯並び

    こんにちは、院長の助廣です。

    日常生活でお子様の気になる癖はありませんか?口がポカンとあいている、寝ているときにいびきをするなど。

    実はこれらには共通の問題があり、それは呼吸に問題がということです。

    鼻で呼吸ができないと、口呼吸といいお口で呼吸をする習慣が身についてしまったり、就寝時にも口をあけて寝ているためいびきをしてしまったり。

    鼻には外界からの異物を排除する繊毛(鼻毛)があり、そのほか肺に入る空気の温度を最適化するなど、呼吸に特化した構造を持っています。

    一方、お口にはそのような組織はなく、外界からの空気に有害物質があってもそれらを排除する機能は備わっていません。

    つまり、お口には健全な呼吸に必要な機能が備わっていないのです。

    そのため、鼻で呼吸をする子どもと、口で呼吸をする子どもでは使われる顔面の筋肉の動きが異なります。

    この筋肉の動きの違いが顎の成長発育に影響を与えます。きちんとした鼻呼吸を獲得できている子どもの顎は正しい成長発育を示し、そうでない子どもの顎は成長が不足する傾向があります。

    顎が正しく成長発育をしている場合には、歯並びが乱れることはほとんどありません。

    お子様の歯並びが気になる場合には、一度このような癖があるかどうかをみておくといいですね。

     

    熊本市東区長嶺南1‐6‐5

    すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

    院長 助廣 都祈

     

  • BLOG

    2019.12.01

    歯並びの乱れ

    こんにちは、院長の助廣です。

    皆さまは歯並びが乱れる原因は何だと思いますか?歯が大きすぎるから?歯が変な方向に生えてきたから?遺伝?

    歯並びが乱れる原因は歯が並ぶのに必要なスペースに対して、顎の幅・スペースが小さいことが原因です。

    顎が小さくなることの原因としては、幼児期の顎の成長発育の不足があげられます。

    顎の成長発育には、顎や顔の周りの筋肉の働きが必要不可欠で、正しい筋肉の動きを獲得することが重要になります。

    正しい筋肉の使い方を覚えることが、歯並びの予防の第一歩です。

     

    熊本市東区長嶺南1‐6‐5

    すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

    院長 助廣 都祈

  • BLOG

    2019.11.30

    お口の健康と糖の与える影響

    こんにちは、院長の助廣です。

    今回は「糖」についてです。

    「糖」と聞くと、文字通り甘いイメージを持つ方が多いかと思います。生体における「糖」の役割は大きく、身体活動のエネルギー生産など身体にとって重要な栄養分です。

    その一方で、歯との関わりに目を向けてみると虫歯との関係を心配される方が多いかと思います。

    実は、「糖」はむし歯との関わりだけでなく顎の成長発育にも影響を与えます。当分は体温でも溶けやすい性質があり、お口の中に入れておくだけで溶けてしまう性質があります。

    そのため、しっかり噛む習慣が損なわれる可能性を持っています。顎はしっかりと食べ物を噛むことで刺激を受け、正しく成長発育を成し遂げます。

    糖分は身体に必要不可欠な栄養でもあるので、時間を決め規則正しく摂取することで、虫歯予防、顎の成長発育とのバランスをとることも大切ですね。

     

    熊本市東区長嶺南1‐6‐5

    すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

    院長 助廣 都祈

  • BLOG

    2019.11.30

    子どもの歯並び

    こんにちは、院長の助廣です。

    今回は子どもの歯並びについてです。

    子どもの歯は生後6か月頃から生え始め、3歳頃にすべての乳歯が生えかみ合わせが安定します。

    この時に、歯が綺麗に並んでいると、永久歯への生えかわりの際にガタつく可能性が高くなります。

    乳歯の時期は少しすきっぱの方が、永久歯への生えかわりの際には有利になります。

    歯並びが気になったら早めの相談が、治療開始が歯並びの予防へとつながります。

    受け口は早くて3歳頃から、歯並びは6歳頃が開始時期になります(^▽^)/

    歯並びは悪くなる前に予防ができます!この機会にお子様の歯並びを是非チェックしてみてください!

     

    熊本市東区長嶺南1‐6‐5

    すけひろ歯科・kidsデンタルクリニック

    院長 助廣都祈