甘いものを控えているはずなのに、むし歯になってしまう。

それは「食べ方」に問題があるかもしれません。

飲食後お口の中では、細菌の生み出す酸や飲食物の酸により歯の成分が溶け出します。

その後時間が経つことで、唾液が成分を歯に戻していきます。

歯を溶かす時間が戻す時間を上回る状態が続くと、むし歯のリスクが高くなります。

つまり、甘い物の「量」以上に、食べる「頻度や時間」が問題となってきます。

飴やドリンクなども、糖分が多く含まれているものだとむし歯の原因になります。

野菜ジュースやスポーツドリンクなど、ヘルシーなイメージの飲み物でも

意外と砂糖は含まれているので注意しましょう。