ブログ

  • BLOG

    2021.01.25

    親知らず’’抜歯から治癒まで’’

     

    親知らずを抜いた後、痛みや腫れが起こるのは、悪さをする親知らずが骨の中に

    埋まったままのことが多いからです。

    傾いて埋まっていたり、完全に埋まったままの親知らずの抜歯を行う場合、

    まず歯茎を切り、骨を削って頭を出さなければなりません。

    抜歯というより「小手術を受ける」という言い方の方が実際の処置に近いです。

     

    抜歯をして穴が開いたような状態になっているところも、

    翌日には血餅(ゼリー状)でふさがり、2週間くらいで少しずつ新しい骨がでてきます。

    3か月も経つと、まだ軟らかい状態ですが増えた骨で完全に穴がふさがります。

  • BLOG

    2021.01.21

    親知らず’’抜いたほうが良い訳’’

    骨の中で横向きに埋まっている親知らず、あるいは傾斜して一部だけ頭を出している親知らずは

    生えようとして隣の奥歯を押して傷めたり、隣の歯との隙間にプラークを溜め込んで

    むし歯や歯周病を引き起こすトラブルメーカーなんです。

     

    症状がないからと言ってそのままにしていると、むし歯や歯周病が進行して手遅れになるほど

    隣の歯が傷んでしまったり、歯並びが悪くなって奥歯で噛めなくなったり、

    最悪の場合、炎症が首まで広がり入院、、、なんてことも起こりえるのです。

     

    実は年齢を重ねるにつれ、歯と顎の骨の癒着が起きやすく、

    そうなると抜くのがとても大変になります。

    抜くならなるべく若いうちに抜いておくのがおススメです。

  • BLOG

    2021.01.20

    唾液の機能

     

    唾液の仕事は

    ①おくちを清潔に保つ ②歯を補修する

    ③お口の粘膜を守る ④「食べる」を助ける

    ⑤細菌・ウイルスから体を守る

    等があります!

    意外といろいろな役割を担っていますよね。

    唾液の減少を防ぐには、唾液腺のマッサージ、食生活の改善、

    咀嚼回数を増やすなどがありますが、一番手頃なのはガムを噛むことです。

    糖分の多いガムはおススメできませんが、フッ素が多く含まれるものなど、

    どうせ摂取するなら歯に良いものがいいですよね!

  • BLOG

    2021.01.18

    ドライマウスについて「対処法編」

    前回のブログで記述した通り、ドライマウスはいつ誰がなっても

    おかしくありません。

    では、実際にドライマウスになってしまったとき

    どうすれば症状を緩和、改善できるのかお伝えしていきます。

     

    基本的な対策としては、

    ①こまめに水分補給をする

    ②よく噛んで食べる

    ③こまめに歯みがきをする

    などが挙げられます。

    それに加え、味による刺激も唾液の分泌量を左右します。

    味とは「うま味」「酸味」」「苦味」「塩味」「甘味」によって構成されていて、

    一番唾液腺を長い時間刺激したのは「うま味」という研究結果がでております。

    3種類に分類される「うま味」ですが、キノコ、鰹節、昆布に多く含まれています。

    もし少しでもお口の渇きが気になったら積極的に「うま味」を摂取して

    進行を防げるように覚えておくといいですね!

  • BLOG

    2021.01.18

    ドライマウスについて「原因編」

    ドライマウスという症状をご存じですか?

    別名「口腔乾燥症」といいます。

    疑われる症状としては、

    ■お口の中が焼けるように痛い ■味がしにくい

    ■話しにくい ■口臭が気になる

    などが挙げられます。

     

    自律神経の乱れにより起こるドライマウス。

    中高年の方は更年期のホルモンバランスの乱れ、若い方ではストレスによる影響でも

    唾液が出にくくなる方はいらっしゃいます。

  • BLOG

    2021.01.12

    むし歯進行抑制剤”サホライド”①

    サホライドというお薬をご存じですか?

    むし歯になっている歯に塗布するもので、効果、効能には以下のものがあります。

    ●初期むし歯の進行抑制

    ●二次虫歯の抑制

    ●象牙質知覚過敏症抑制

     

    そもそもサホライドは製品名で、含まれる成分名は「フッ化ジアンミン銀」といいます。

    「フッ化」の名のとうり、むし歯予防に有効なフッ素が入っています。

    サホライドに含まれているフッ素濃度は、歯科医院で扱っているフッ素塗布剤(9000PPM)を

    はるかにしのぐ濃度です。

  • PREVENTIVE DENTISTRY

    2021.01.12

    インプラントのセルフケア

     

    歯科医院での数か月に一度のクリーニングだけでは、

    日々の細菌の蓄積に対処できず、インプラントの歯周病は防げません。

    患者様の日々のセルフケアこそが重要なのです。

     

    歯ブラシをしっかり当てることに加え、より高いレベルの

    プラークコントロールのために、歯間ブラシやフロスの併用をご検討ください。

    その際には誤ってインプラントの周りの歯茎を傷つけないように

    あなたのインプラントの状態にあった使い方を

    歯科衛生士さんに教えてもらうようにしましょう。

     

    定期的なメインテナンスと、高いレベルのセルフケアが

    インプラントを長持ちさせるカギになります。

  • BLOG

    2021.01.12

    インプラントと天然歯の違い

    インプラントと天然歯の違いは、

    「歯茎の繊維のバリアがない」ことです。

     

    天然歯では、歯茎の内部に繊維が伸びていて、歯と密接に絡みついています。

    これは、歯と歯茎の付着を強化するほか、体内への細菌の侵入を防ぐバリアの役目も担います。

     

    歯を失うと、この繊維の多くも一緒に失われます。

    だから、インプラント周りの歯茎は細菌に弱く、”歯周病”になりやすいのです。

     

    天然歯に起こる歯周病と、インプラントに起こる歯周病。

    どちらも犯人はプラーク(細菌の塊)なのは変わりありません。

    歯科医院でメインテナンスに定期的に来ることはもちろん、

    セルフケアのレベルアップも重要になります。

  • BLOG

    2021.01.08

    インプラントのメインテナンス

    失った歯にインプラント治療を受けた方は、その後もきちんと歯科医院でメインテナンスを受けているでしょうか?

    30~70歳代のインプラント治療経験者500人に、「定期的なメインテナンスを受けているか」をアンケート調査したところ、「受けてない」と回答した人は500人中183人(36.6%)でした。

    理由としては、「異常や違和感がないから」が一番多く挙げられていました。

     

    インプラントは、噛むところから歯の根にあたる部分まで完全なる人工物ですので、インプラント自体は細菌に強いです。しかし歯茎は天然歯と同じように歯周病になるおそれがあります。

     

    患者さんが異常を感じてから歯科に来ていただいても、対応が難しいことが多く、最悪インプラントを抜かなければなりません。

    インプラント治療をせっかく高い料金払って受けたなら、できるだけ長持ちさせたいですよね!

     

  • BLOG

    2021.01.08

    子どものころからフッ素を身近に

    むし歯予防に欠かせないものと言ったらフッ素ですね!

    方法は洗口剤、塗布剤、歯磨剤など、歯への取り込み方は色々あります。

    「予防歯科の先進国」といわれているスウェーデンの歯科医療者向けのガイドラインでは、むし歯予防にはフッ素が「最高レベル」で推奨されています。

    スウェーデンの歯科では「歯が生えたらすぐに」フッ素入り歯磨き粉の使用を勧めます。そして、歯みがきの後は水ですすがないようにお伝えしています。フッ素が水に流れてしまうと、予防効果が減ってしまうからです。むし歯になりやすいお子様には、追加でフッ素入りの洗口液の使用をお勧めします。また、むし歯になりやすい成人に方には5000PPMという高いフッ素濃度の歯磨き剤の使用をお勧めします。

     

    ところでフッ素といえば、健康への影響を心配される方もいらっしゃいますよね。スウェーデンでもそれは例外ではなく、最近はSNSで「子どもの発達障害をまねく」「骨の病気をまねく」といった誤った情報が拡散されていました。そんな情報を見て不安になる患者様もいっらっしゃると思いますが、私たち医療従事者は丁寧に説明して、懸念を取り除くようにしています。

     

    フッ素は70年以上もむし歯予防に使用されており、たくさん研究もされ十分に根拠があります。もちろんフッ素は薬なので過剰摂取はよくありません。ですが「過剰」というのは、歯磨き剤を一本食べてしまった、洗口剤をぐびぐび飲んでしまった、というような極端なケースのこと。スウェーデンでも日本でも、通常どうりの生活をおくり、普通にフッ素をしようしているのならまず問題ないといえるでしょう。