ブログ

  • BLOG

    2021.06.23

    乳歯のむし歯

    乳歯は、胎児期から乳児期の短い期間で作られます。

    そのため、歯の外側のエナメル質も内側にある象牙質も、永久歯の半分の厚さしかありません。

    また、成長に伴い変化するかみ合わせに対応できるよう、永久歯より柔らかく、すり減りやすい構造になっています。

    こうした事情から、乳歯はむし歯になりやすかったり、歯の神経に虫歯が達しやすかったり、欠けたりしやすいのです。

    一度むし歯ができてしまうと、お口の中の常在菌が悪い方に傾いてしまい、

    むし歯になりやすい口腔内になってしまいます。

    乳歯は最悪むし歯になっても生えかわりがありますが、永久歯は一生使う歯なので充分な注意が必要です。

    むし歯になりにくい強い歯質を作るには、フッ素の使用が不可欠です。

    うがいができない時期は塗布するジェルタイプのフッ素を、

    うがいができるようになったら、洗口タイプのフッ素を使用して、

    むし歯になりにくい強い歯質を作りましょう!

  • BLOG

    2021.06.21

    甘いものは「量」より「食べ方」

    甘いものを控えているはずなのに、むし歯になってしまう。

    それは「食べ方」に問題があるかもしれません。

    飲食後お口の中では、細菌の生み出す酸や飲食物の酸により歯の成分が溶け出します。

    その後時間が経つことで、唾液の作用で歯の表面にミネラル成分が戻っていきます。

    歯を溶かす時間が戻す時間を上回る状態が続くと、むし歯のリスクが高くなります。

    つまり、甘い物の「量」以上に、食べる「頻度や時間」が問題となってきます。

    飴やドリンクなども、糖分が多く含まれているものだとむし歯の原因になります。

    野菜ジュースやスポーツドリンクなど、ヘルシーなイメージの飲み物でも

    意外と砂糖は含まれているので注意しましょう。

  • BLOG

    2021.06.08

    入れ歯の正しい洗浄方法

    入れ歯のお掃除は、「入れ歯洗浄剤を溶かしたお湯に入れるだけで大丈夫!」

    と誤解していらっしゃる方が意外と多いです。

    洗浄剤を溶かした液体に浸けるだけでは、入れ歯のお掃除は充分とは言えません。

    入れ歯にもプラークや歯石はつきますから、物理的にみがくことが必要です。

    液体に浸ける前に、人工歯部分やバネなどの金属、歯茎に当たる部分を磨くようにしましょう。

    その際は、研磨剤入りの歯磨き剤を使用すると

    入れ歯の表面に傷がつく原因になるので控えてください。

    お手入れの仕方は、お使いの入れ歯の種類や材質によって異なりますので、

    ご不明な点がございましたらいつでもお気軽にお声掛けください!

  • BLOG

    2021.06.01

    マウスウォッシュについて

    歯周病が気になる方は、殺菌成分の配合されたマウスウォッシュ(洗口剤)を

    使われる方が多いです。

    それ自体はとても素晴らしいことなのですが、なかには洗口液の効果を過信して

    歯みがきがおざなりになってしまう方もいらっしゃいます。

    歯周病は、歯茎の堺あたりに付着した細菌の塊(プラーク)によって起こります。

    バイオフィルムは台所のぬめりのようなもので、

    水圧を当てたくらいでははがれません。

    洗口剤の効果を引き出すには、まず歯ブラシで物理的に

    バイオフィルムを破壊しなければなりません。

    洗口液はあくまで歯みがきの効果を補う、

    補助的なものとしてお考えください。